カテゴリー別アーカイブ: 漫画 アトピー

ゆーのアトピー闘病日記です

ステロイド治療の正しい知識【アトピー性皮膚炎 闘病編】#09

前回までのあらすじ:アトピー性皮膚炎のことについて調べて改めてステロイド治療の必要性や、お医者さんのもとで処方してもらえば安全な薬であるという知識を得たパパ。これからは安心して、そして自信をもって息子のゆーの治療ができます。

今回は、僕が知ってホッとさせられたステロイド治療の知識をいくつか引用したいと思います。

その1
すでに60年以上の歴史がある薬で、過去の薬どころかいまだに第一線の治療薬なのです。それだけ病気の治療には欠かせない薬ですし、一方でステロイドの副作用は医師によく知られています。

 

その2
外用薬は皮膚に直接塗りますので、血中にステロイドがほとんど入らず、内服するよりもずっと全身性の副作用は少なく安全です。しかも皮膚に直接塗るので、治療効果は高いです。

 

その3
皮膚からのステロイドの吸収ですが、塗ったステロイドの3%程度しか吸収されません。

 

その4
どんなに長く使ってもステロイド外用薬が効かなくなることはありません。皮膚の炎症の強さに合ったステロイド外用薬を使わないと塗っても効かないと思うことがあるかもしれません。主治医に患部を見せ、適切な強さのステロイド外用薬を使うことや塗り方をチェックしてもらうことが必要です。

 

その5
すぐに効いたということは、症状に合ったステロイド外用薬が処方されたということで、強い薬だということではありません。

 

その6
ステロイド外用薬を使って皮膚の炎症を抑えている途中でステロイド外用薬をやめてしまうために、炎症がぶり返して以前よりさらに悪化したように思うことを「リバウンド」だと思っている人がいます。皮膚の下の炎症までしっかりと治療してからやめると、すぐに悪化するということはありません。

 

その7
一生やめられなくなるということはありません。適切な治療をすることで良くなり、やめられるようになった人はたくさんいます。ステロイド外用薬を使って炎症が取れれば使う必要はなくなり、保湿剤だけでコントロールすることもできるからです。

 

その8
アトピー性皮膚炎によいとされる商品を販売する業者がまだ存在します。アトピービジネスといわれるもので科学的根拠のない商品や治療法を勧めるものばかりです。このようなものにお金を使うことなく、標準治療をすることが良くなるための早道です。

 

※下記の2つのページから引用しました。どちらも『アトピー性皮膚炎についていっしょに考えましょう』というWebページのもので九州大学皮膚科の先生が主体となって運営されているページのようです。

http://www.kyudai-derm.org/atopy/patient/03.html

http://www.kyudai-derm.org/atopy/patient/02.html

 

正しい知識を得て、安心して治療に専念したいものですね。

特にアトピービジネスの業者の鴨にされるのはお金の無駄なだけではなくて、大切な人生の時間を無駄にすることになるので、避けたいものです。




お子様の将来を本気でお考えの方へ。小さなころからのケアが重要です!『善玉ガード』