4月の保育園での光景

保育園にゆーをつれていくのはパパの役割です

1コマメ

 

 

2コマメ

ん?なにやら涙を流しながら走る女性の姿が。。。

 

 

 

 

3コマメ

(ニコニ・コモンズ nc37050)

そして前方にはこの世の終わりかのように泣き叫ぶ子供。。。

 

4コマメ

育児って大変だなぁ。。。

 

 

ゆーの慣らし保育は順調だったのであまり記憶にないというか、特に描くようなこともないのですが、4月の初めごろに保育園に登園すると、泣き叫ぶ2~3才くらいの子供を見かけることが2~3回ありました。(笑)

まるで誘拐されてしまったかのように泣き叫ぶ子供と、泣きそうな顔で逃げるように帰っていくお母さん。

(こりゃ、大変だなぁ。。。)と見てるほうもつらくなってしまうような状況でしたw

けっこうこの話は色んな人にしたことがあるのですが、

「私も保育園に子供を入れたばかりの時はあんまり泣くからつらくて『やっぱりいいです…  』って言って連れて帰りたくなることがあったよ」

とか、

「うちは幼稚園だったのでバスで登園だったんだけど、乗せた後も子供の泣く声が聞こえてきて、つらかったです。家に帰ってから涙が出そうになったこともあります」

と言っているお母さんもいました。

でも、泣き叫ぶ子供たちもすぐ見なくなりました。みんなすぐに慣れるものなんでしょうね ^^

 

そしてそんなことも忘れた5月くらいに保育園の前の横断歩道のところで手をつないだままずーっと立っているお母さんと子供を見かけました。

(なんで、渡らないのかな?っていうか、うちの保育園の親子かな?)

と、思っていると急にこどもがギャン泣きしながら叫びだしました。

「だから保育園 やだ!やだ!きらいなの!やだやだやだ!」

と。

お母さんは悲しい顔しながら無言で腕を引っ張って強引に保育園に入っていきました。

どうやら、途中入園の新しい子のようです。

きっとすぐに保育園が楽しいところだって分かるんだろうけど、それまでは大変だなぁ、あのお母さん。。。

と思いました。

 

◆前回の話はここをクリック   ◆0~6ヶ月編の目次はこちらをクリック

◆アトピー編の目次はこちらをクリック   ◆保育園1年目編の目次はこちらをクリック



絵本ナビで無料ためしよみ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です